ますむらひろし 待望の第2巻、発売中!

銀河鉄道の夜・四次稿編  2

作画 ますむらひろし   原作 宮沢賢治

2021年5月15日一般発売開始!

風呂猫マーケットで発売中!!

   第2巻注文する  

 (今回、サイン本の販売はございません)

夜の軽便鉄道に乗り込んだジョバンニが出会ったのは、カンパネルラ。
黒曜石の地図を手に、二人は銀河のさまざまな事象に胸を躍らせる。
車窓を流れる三角標やリンドウの花や天の十字架
巨大獣化石の発掘現場を見学し
宝石より透き通った銀河の水に手を浸し
美しい天の野原を駆け抜ける
乗り合わせた鳥捕りや灯台守との不思議に噛み合わない会話。
そして、検札に来た車掌にジョバンニが見せた切符とは…

賢治の想像力が炸裂し、ますむらひろしの画力が肉薄する。
ジョバンニとカンパネルラの友情が眩しい第2巻。

第2巻 定価1,870円(本体 1,700円+税10%)
B5サイズ上製本 本文164ページ  全4巻予定
発行所 有限会社風呂猫

*今回、サイン本の販売はございませんのでご了承ください。後からの追加もありません。
ますむら先生に執筆に専念していただくためですのでご理解ください。

*風呂猫マーケットでご予約注文の方には
特典として特製カード「天の野原を駆ける」を差し上げます。

 

【第1巻も好評販売中!】

  ●第1巻を注文する●

 

●ますむらひろし●漫画家

 1952年、山形県米沢市生まれ。1972年、始めて描いた漫画「霧にむせぶ夜」を投稿、手塚治虫賞、準入選。デブ猫ヒデヨシと仲間たちが活躍する「アタゴオルシリーズ」を描き継いでいる。  1997年「アタゴオル玉手箱」で日本漫画家協会大賞を受賞。「銀河鉄道の夜」「風の又三郎」など、宮沢賢治の童話を猫に置き換えた作品やエッセイでも知られ、2001年には宮沢賢治学会よりイーハトーブ賞を受賞。ヴァン・ゴッホの名画を猫に置き換えたシリーズを集めた「ゴッホ型猫の目時計」(小学館刊)もある。現在、自身3度めの漫画化となる「銀河鉄道の夜」執筆中。2020年1月より連載開始。

ますむらひろしfacebook https://www.facebook.com/hiroshi.masumura.31

 ますむらひろしtwitter @masumurahiroshi